FC2ブログ
2018年01月18日 (木) | Edit |
先日、読み聞かせの講座に参加致しました。
とある家庭文庫の方が講師を務めていたのですが、
ものすごい主観を押し付けてくる人で(・ω・`)
指差しはしない、感情をこめない、そして安定の古典推し。
新しい本を提案すると、似た内容の古典を出して
こちらがいかに優れているかと滔々と。
とにかく清々しい程の全否定でした。
「私はこう思う」と個人的な意見であることは断っていたけれど、
それにしてもすげぇなと( ꒪⌓꒪)
質疑応答の時間には片っ端から挙手してみた。
そしてもれなく全否定だコレ(・ω´・lll)
全三回の講座、毎回そんな感じでした。

そして三回目の最後の帰り道。
一緒に口座を受けていたとゆー見知らぬご婦人にお声がけいただきました。
曰く「勇敢だったわ!すっきりした!ありがとう!!」
(*´д`*)ゞ いやいや、こちらこそありがとう。
日常生活において勇敢だと言われることがあろうか!?
いや、ない!!(笑)
そっかー。そーゆー風に見てくれる人もいるんだなぁと
ホクホクして帰ってきたのでした。

さて、本日。
「こないだ講座でひどいこと言われたんだって?
 ただ聞いただけなのに、ひどく言われてかわいそうだった
 って言ってたよー」
一緒に講座を受けに行った読み聞かせ仲間が司書さんに
講座の様子を話したそうで。
Σ(゜д゜) か わ い そ う !!
そっかー。そーゆー風に見る人もいるんだなぁ(笑)
ご婦人にお声がけいただいたときにも一緒にいたのになぁ。
人の数だけ受け止め方があるものですわね _(┐「ε:)_
単に意見の相違なので、責められたわけじゃないんだけどね。
勇敢にもビックリしたけど、かわいそうには更にビックリした。

とゆー話でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック